<   2013年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

e0285347_22272546.jpg

前記事でご紹介したミニトマトのコンポートと漬けたシロップが
ちょっと残ったのでゼリーにしました。

e0285347_2229270.jpg

はかってみると、80CCぐらいのシロップ。

我が家にあった板ゼラチンは2種。
冨澤商店の1枚2.5gのものと、マルハニチロ食品から出ている1枚1.5gのもの。
カットして使うのがめんどくさいので、
1.5gを1枚使用してゼリーにしました。

ちょっとプリプリすぎて 固かったかな・・・
[PR]
e0285347_17393297.jpg

た~くさん収穫できた自家製ミニトマトを使って コンポートを作りました♪

レシピは、日経に掲載されていたものを参考に。
(オリジナルから、自分好みに
 ハーブとお酒を加えお砂糖の量を少し減らしてます。)

①ミニトマトはまるごと冷凍3~4時間→水に漬け、手で皮をむく。
 こうするとスルスルッときれいに皮がむけますよ~
②鍋に水1/2カップ、砂糖40gを入れ、煮溶かす。
③溶けたら、火を止めて、先日ご紹介したグレープフルーツゼリーのように、
レモン系ハーブやモントの葉を加えふたをしてしばらく蒸らしておく。
④レモン汁(大さじ1/2)、コアントローを加え、さましておく。
⑤ミニトマトをシロップに1時間ほど漬ける。


はなまるマーケットでやっていたレシピでも作ってみました。

材料(2人分)
・トマト…2個(中玉)
・ミニトマト…8個
・梅酒…1/2カップ
・砂糖…100g
・塩…適量
・水…1カップ

①トマトのヘタをくり抜き、くり抜いた部分に十字の切り込みを入れる。
②鍋に湯を沸かし、トマトは約10秒、ミニトマトは約5秒入れる。
③2のトマトを氷水に入れ、皮を剥く。
④鍋に梅酒、砂糖、塩、水を入れて沸騰させ、約1分煮立ててアルコール分を飛ばす。

e0285347_1750552.jpg

トマトの葉をソーサーがわりにしています。
なかなかスタイルいい葉形でしょ♡
[PR]
e0285347_17351732.jpg
e0285347_22594433.jpg

家庭菜園のミニトマトが食べごろに色づきました♪
大きな実がた~くさん、すずなり♡ 7/20

それでは ここまでの過程をさかのぼってみま~す^^ 
e0285347_237034.jpg

7/2の時点↑ トマトだけでなく、オリーブの実もつきはじめ、
キウイのつるも ぐんぐん のびはじめたころ。

e0285347_2363181.jpg

6/8の時点↑ お花がたくさんついてきたころ。

このミニトマトは、夏休みも、毎日部活に持たせるお弁当の貴重な彩。
お休みは、8月のコンクールが終わってからの1週間だけ。

あ~、真夏のお弁当作りは、気がもみますです^^;

e0285347_13495673.jpg

さて、収穫したミニトマトを使って、ひとくちスイーツでも作りましょ♪
(冷凍庫で3時間凍らせて出したところからスタートです!)
[PR]
e0285347_10261575.jpg

友人宅に 3家族が集まってのハワイアンナイト♪

この前後、ちょっとタイトな生活を送っていたことに気遣ってくれて
我が家は、飲み物係を仰せつかり じさ~ん!!

e0285347_10265552.jpg

キャンドルの炎に照らされた空間は、 
同じ時を刻んでいるのでも、別の次元の時間感覚へいざなうよう♡

e0285347_15345397.jpg

e0285347_1535520.jpg

ハワイアンパーティー
ottoは、バリのバティックシャツ(笑)、←アロハシャツもってなくて。
私は、貝のネックレスとブレスレットをつけて。

娘は、グランマにお誕生日プレゼントで買ってもらったお洋服で行きたい♪と
ウキウキのおでかけナイトとなりました。

よく笑い、よく食べ、よくしゃべった・・・
居心地のいい場所 おいしいお料理 気の置けない友人たちとその家族
最高の時間の贈り物♡ ありがとう
[PR]
e0285347_9222858.jpg

1年前に予約していただいた隠れ家レストランへ・・・(2013年7月10日訪)


逗子の披露山 (神奈川のビバリーヒルズとか呼ばれたりしていたそう。)
小田和正さん、松任谷由美さん、松嶋奈々子さん他有名人の邸宅が並ぶ
(現在はあいているところも多かったですが・・・)見晴らしの良い絶景の場所。


1年前の予約なので、忘れたころでしたが、
全員そろってうかがうことができ、楽しみもひとしお♡


e0285347_9303923.jpg

お料理が趣味なことからレストランをはじめられたというマダムの素敵なご自宅


私たちの他にあと2組ほどグループがいらっしゃいましたが
気配はなんとなくあるものの、とにかく広くゆったりしているので、
自分たちだけがおもてなしを受けている 贅沢な錯覚を受けるほど^^


e0285347_938560.jpg

<メニュー> フルコース¥5,000
*ズワイガニと きのこのパイ包み
*海の幸のサラダ
*三浦かぼちゃの冷製スープ
*真鯛のグリル あさりの白ワインソース
*牛の岩塩の包み焼き
*季節のケーキ

e0285347_9394299.jpg

母のお料理教室 (グランマーズテーブル) に
グループレッスンにいらしてくださっている皆様とご一緒に。
(アクセサリーのドアップで写っているのは母。 
海の色のイメージングでこのアクセサリーをしてきたそう。)

ちょうど1年前の母の教室のレッスン時に、私も居合わせ
このレストランのお話が出て、「いきた~い♪♪」 と盛り上がり、
ご予約を入れてくださいました。

ありがとうございました♡

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
取材は一切受け付けていないらしく、予約は、1年先までいっぱい。
次回は、来年の秋にうかがう予定です。
[PR]
e0285347_204740100.jpg

名古屋には、こんなにかわいい和菓子があるのですね♡ 浪越軒(→★★
甘党のottoが、早速つまんでいる手。

e0285347_2050227.jpg

こちらは、↑帰りの新幹線の中でパクッとつまむ前にパシャッ☆
この顔見てると癒されて、ジ~ッ とみてしまう。
じ~っ、 じ~っ。

見つめてるうちについちゃった!


な~んてことはありませんけどね(^^ゞ

(この日は大阪まで講習へ。
日帰りでしたが、 新横浜→名古屋下車1時間生徒さんとお茶タイム→新大阪→新横浜
という盛り沢山な行程でした♪)


一口サイズで、そして見ていて癒される動物たち♡
ちょっと 特別気分な時の 山おやつに、もっていきま~す♪


[PR]
e0285347_22411043.jpg

大島に行った目的のひとつ。
サロンでトリートメントや石けん、アロマコスメ作りで使用している椿油
高田製油所の訪問。

一応、アポはとったのですが、
時間内に行けば、アポなしで見学できます。

e0285347_2245490.jpg

4代目の高田さん 
三原の椿、そしてこの伝統製法を大切に守っていきたいとの思い・・・
がしっと伝わってきました。

また、言葉の はしばしに、「じいちゃんが・・」というのが出てきて、
あ~、お父さんの背中越しにじいちゃんの背中をみて
歩んでこられたんだ・・・と感じ、家業を継ぐってすごいこと!と
本題とは、ちと ずれますが 伝統を受け継ぐ素晴らしさを感じたものです。

e0285347_22572786.jpg

ヤブ椿の実↑
e0285347_2257534.jpg

<製法>
1.「ヤブ椿」の実をよく乾燥させた後、1粒1粒丁寧に選別。←これが大事だそう。
2.粉砕機で粉末状に細かく砕く。
3.桶に入れて高圧の蒸気で5分間程蒸す。
4.蒸し上がったらナイロン製の布で包み
  「玉締め式」圧搾機で1時間程
  圧力を加え油を搾る。
5.搾られた油は一晩静かに置き、不純物の沈殿を待つ。
6.翌日、紙のフィルター/綿製の0.5ミクロンのフィルター/
  活性炭フィルターなどの順で静かにゆっくりと濾過をして製品に。

e0285347_22594017.jpg

しぼりカス↑ カスなんて言葉は申し訳ない。
肥料や燃料になるんですもの。 捨てるものはひとつもないんですね。

また、これは、「髪洗粉」として使えるんです。

e0285347_2343336.jpg

こんなレトロな袋に入れて譲っていただきました。

e0285347_2354364.jpg

帰宅後・・・早速、使ってみました。
お湯に溶かしたところ。

がしゃっ、がしゃっ やっていると ちょっとずつ泡立ってきます。

すごく泡立つほどではないけれど、それなりの洗浄力があり、
手持ちの石けんに混ぜて使うとさらに使い心地がよくなります。

石けんシャンプー派の私は、こういうの たまらんです。

e0285347_23173052.jpg

椿油 500ml

トリートメントに使用すると、す~ぅっとのびがよく浸透する感じ。
ちょっと贅沢すぎるけど、この椿油で天ぷらしたときは 
いつも以上に食べすぎた。 からっと揚がってほのかにするナッツの香り♡

さらに贅沢にもほどがあるけれど、石けんにして使ったときは、
言葉にできないラグジュアリー感で全身を包み込まれた。

3年使っているけど、改めて恋した瞬間。

e0285347_23442744.jpg

椿油で作った石けん。

高田製油所三原椿油(→★★)





 
[PR]
by faire_ma_vie | 2013-07-09 20:38 | 【山】Around
e0285347_1957375.jpg

ちょっとさかのぼりますが・・・
GWに大島の三原山に登ってきました。
ひとっこひとりいない 私たちファミリーひとりじめの景色♡

e0285347_19582554.jpg

火口です↑

e0285347_19594661.jpg

こ~んな ちゃんちゃらちゃんな恰好で上まで登れます。
遊歩道が整備されているので、ちょっとしたお散歩気分♡
娘とのツーショット! (背も体重も足の大きさも、抜かされた(-_-;))

<Record>
2013年4月29日
[PR]
by faire_ma_vie | 2013-07-08 19:50 | 【山】Mountain
e0285347_12582569.jpg

恥ずかしいほど、ボウボウ になっているハーブたち・・・。
収穫も兼ねて、ハーブゼリーを作りました。

レモンフレーバーのハーブたち。
レモンバーベナ、レモンバーム、レモングラス
鍋に700mlの水を沸騰させて砂糖大さじ2を溶かす。その中にハーブをドボンと入れ込み
火を止めてふたをして蒸らすこと10分ほど。

鮮やかなグリーン色の葉が、うっすらと変色していきます。

葉を取り出して、10gの粉ゼラチンをだまにならないようにふりまぜ、
コアントロー、レモン汁を加え、粗熱がとれたら 容器へ。

グレープフルーツ2個 
皮をむいて果実をさやから取り出し一口ほどのおおきさに切り
その容器に並べます。
(さやをむく過程で出た果汁も容器の中に混ぜ込む。)

そして冷蔵庫へ♪ 

e0285347_1391033.jpg

いっただっきま~す♪♪

ゼリーは、レモンバーベナシングルで主張を強くしてみると、
生姜のようなお味が出て、ジンジャラーにはたまりません♡

・・・分量まとめ・・・ (ゆるゆる ふるふるゼリー)
*700ml水
*ハーブ適量(レモンバーベナ・レモングラス・レモンバーム)
*粉ゼラチン10g
*グレープフルーツ2個
*砂糖 大さじ2
*コアントロー たら~っと。香りづけ程度。
*レモン汁 小さじ1
[PR]
e0285347_11131374.jpg

グレープフルーツミントの束をいただいたので、水に差し、
数日後に根がちょろちょろ出てきたので挿し芽。
すっかり根付いてくれました。 

葉に触れると、さわやかなグレープフルーツの香りがします♡

e0285347_11163325.jpg

この細長い鉢は、差し芽用。 
ここで、しっかり育て、増やしてはご希望の方にお嫁入りさせています。

今は、たくさんのローズゼラニウムを 嫁?婿?入り用に準備中。
アロエはもうちょっと待ってくださいね。 忘れていませんよ~^^


e0285347_11364574.jpg

グレープフルーツつながりで・・・
大好きなハーブ ベルベーヌ(レモンバーベナ)で香りづけして
お菓子作りタイムに突入~♪
[PR]