緑茶、抹茶を飲んで生活習慣病を予防

e0285347_1637224.jpg

春の嵐でしたね・・・
今年はゆっくりお花見ということはできなかったけれど、
通りすがり、近所の道に咲く桜を何度も愛でました♡

まだ、桜の開花前、実家に寄ったときにが入れてくれたお抹茶です。
一保堂「金光の昔」


京都府立医科大学大学院教授 吉川先生によると、
緑茶に多く含まれているカテキン類は、
ポリフェノールの中でフラボノイドに分類されるそうです。

・・・以下、カテキンについて日経記事「抗加齢を学ぶ」より抜粋・・・

①8種類のカテキンが自然界でよく知られているが、
 カテキンは他のポリフェノールと異なり比較的、水に溶けやすく、吸収も早い

 中でもエピガロカテキンガレートは、抗酸化作用が強く、
 活性酸素によって引き起こされる動脈硬化やガン、糖尿病、
 加齢に伴う種々の病態を予防
する。

②肥満の防止作用の報告あり。
緑茶(煎茶)として飲むと、カフェイン、テアニン、ビタミンC摂取できる。
抹茶として飲むと、さらに食物繊維、亜鉛、マンガンなどの
             ミネラル類も多く摂取できる。


(摂取の方法は古くは粉茶を用いた抹茶法だったが、
江戸時代に黄檗宗の隠元和尚によって
緑茶の製法や喫茶法が伝えられてからは
緑茶を用いた煎茶が庶民に広がったそうです。)

さて、お薄をたてましょうか。

・・・・・♡・・・・・♡・・・・・♡・・・・・
Faire ma vieよりレッスン生募集お知らせ
*ハンドメイドソープベーシックコース第7期(→★★
*手づくり石けんマイスター養成講座(→★★
[PR]